シミの原因

 シミのできる原因の80パーセントが紫外線によるものです。
紫外線の他に、ホルモンバランスの崩れや睡眠不足もシミの原因となります。
剃刀負けやにきび痕などの皮膚への刺激や、加齢による代謝力の低下などもシミの原因となります。

 人間の皮膚というのは表皮、真皮、皮下組織の3層によって成り立っている。
皮膚の中で、メラニン色素が生成されるメラノサイトというものがあるのは表皮です。
メラノサイトが紫外線等の刺激を受けると皮膚を守ろうと防御機能が活性化し、メラニン色素が作られます。
通常メラニン色素は皮膚のターンオーバー(皮膚の細胞が生まれてから剥がれ落ちる)により排泄されます。
生成される量が多すぎると排出しきれず残り、表皮にたまってしまうことでシミとなるのです。
日焼けした後にシミができてしまうのはこのためです。

 シミができやすい部分は、日光が当たりやすい頬骨周辺、目の周辺、口の周辺、額やこめかみの髪の生え際等。
シミの原因の大半は「日光による皮膚の障害」です。
なるべく日光を避けることで、防ぐことができる皮膚トラブルの一つなのです。
ストレスや食べ物が原因でシミができることもあり、シミは様々な原因でできる厄介なものなのです。