老けて見える嫌なシミを消すために

人の皮膚は日光を浴びると皮膚を保護するために色素細胞にメラニンを作りなさいという指令がでる仕組みになっています。メラニンは黒色をした色素なので、これが作られるといわゆる「肌が焼けた」状態になり、紫外線が少ない季節になると自然に肌の外に排出されてもとの肌色に戻ります。このようにもともとメラニンは肌を守るために大切な働きをするもですが、過剰に作りだされたり、老化によってターンオーバーがうまく行かずに排出量が下がってしまうと、肌にメラニンが残りこれがシミの原因となります。